古くから若狭湾は大陸からの玄関口であり、また都から近かったこともあり文化的な交流も盛んでした。

こうしたことから、この地には、今もさまざまな形の信仰が息づいています。

若狭路に点在し、人々を魅了するパワースポットの数々。
ぜひ知っておきたい10箇所をご案内します。
 

 

1. 若狭彦・姫神社(小浜市)

  • 若狭姫神社
  • 若狭彦神社
若狭姫神社

若狭姫神社

福井県小浜市遠敷65-41(姫神社)

福井県小浜市龍前28-7(彦神社)

☎0770-56-1116

上社の彦・下社の姫神社を合わせて「若狭一の宮」と称される若狭最古の神社。 夫婦の関係にある両社の縁結びパワーは、全国区で知られています。二つの神社の間は1.5㎞あり、両社を訪れることでよりバランスのとれた運気を得られるのだそう。 姫神社から彦神社へという順番で参るのがベスト。両社とも本殿・神門・随神門が一直線に配置されているのが特徴で、両社の社殿群は県指定文化財とされています。 彦神社には根本が一つの夫婦杉、姫神社には子宝や女性に恋と安産を授ける「陰陽石(子種石)」があります。

 

2. 金崎宮(敦賀市)

金崎宮

福井県敦賀市金ケ崎町1-1
☎0770-22-0938(金崎宮)

【紅葉見頃期間】11月
【入場料金】拝観無料
【時間帯】いつでも

かつて氣比神宮の御幸山として信仰され、南北朝や戦国の動乱など歴史の舞台ともなった天筒山と金ケ崎。麓には難関突破と恋の宮としても知られる金崎宮が鎮座しています。桜の名所として有名ですが、秋の紅葉も素晴らしく、神社の境内や山をめぐる遊歩道を散策しながら秋の気配を楽しむ事が出来ます。

 

3. 晴明神社(敦賀市)

晴明神社

福井県敦賀市相生町8-20

☎0770-21-8686

(敦賀観光案内所)

平安時代に陰陽師として名を馳せた安倍晴明は、一時期敦賀に住み、この地で天文学、地文学を研究していたと伝えられています。 拝殿には、晴明が陰陽道に使ったとされる「祈念石」がご神体として鎮座しています。 また、南北朝時代の金ヶ崎戦や織田氏・朝倉氏の戦いにおいて、戦火は街中におよんだにも関わらず、二度とも神社付近で火が鎮まったことから、防火の神としても信仰を集めています。

 

4. 三方石観世音(若狭町)

三方石観世音

福井県三方上中郡若狭町三方22-1
☎0770-45-0017(三方石観世音事務所)
☎0770-45-9111(若狭町総合戦略課)

【紅葉見頃期間】11月中旬
【入場料金】拝観無料
【時間帯】拝観時間 8:00~17:00
※紅葉にあわせて、19:00~21:00の時間にライトアップを実施します。

弘法大師の一夜の作と伝わる聖観世音菩薩が安置されています。夜明けとともに彫るのを止め、旅立たれてしまったためこの観音さまには片手がなく、片手観音とも呼ばれ手足のけがや病気にご利益があるとされます。

 

5. 泉岡一言神社(若狭町)

泉岡一言神社

福井県三方上中郡若狭町中野木16

山全体を神様として大切に祀っている、社殿のない神社。 「良きことも一言、悪しきことも一言、心清らかに誰にも言わずに一つだけ願い事をすれば叶えてくれる」と言われています。 祠を持たない神社というものは全国的にも珍しく、日本古来の自然信仰の一例として注目されています。

 

6. 気比神宮(敦賀市)

気比神宮

福井県敦賀市曙町11-68

☎0770-22-0794

参拝時間/AM6:00~PM5:00

702年に建立したとされているが、古事記や日本書紀にも記述があるなど、それ以前からも信仰を集めてきた古社。 御食津大神ともよばれる食の神・伊箸沙別命が主祭神ですが、ほかにも仲哀天皇や神功皇后、日本武尊など、計7神を祀っており、様々なご利益があります。 正面にある高さ11mの木造大鳥居は国の重要文化財に指定されており、春日大社、厳島神社に並んで日本三大木造大鳥居の一つに数えられています。

 

7. 野鹿の滝(おおい町)

野鹿の滝

福井県大飯郡おおい町名田庄納田終

☎0770-77-1734

(おおい町観光協会)

福井と京都の県境あたりにある野鹿谷の林道を登っていくと見ることができる滝。 約30mの落差があり、これは若狭地方最大級の規模です。 その昔、戦に敗れ落ち延びようとした陰陽道を司る安倍家の別当石王丸が、滝つぼから光を放って現れた薬師如来像にその逃げ道を示されたという伝説が残っています。

 

8. 常宮神社(敦賀市)

常宮神社

福井県敦賀市常宮13-11
☎0770-26-1040(常宮神社)

【紅葉見頃期間】11月
【入場料金】拝観無料
【時間帯】いつでも

敦賀半島中ほどに位置する常宮神社は、式内社「天八百萬比咩(あめのやおよろずひめ)神社」に比定されている古社で、神功皇后をまつり、安産と航海安全のご利益で有名。本殿と拝所、中門が県の文化財に指定されているほか、大谷吉継奉納と伝わる国宝「朝鮮鐘」を所蔵しています。境内や神社の社に植えられたたくさんのモミジやカエデ、イチョウが美しく色づき、社殿にも映えて、錦絵のような美しさです。

 

9. 土御門神道本庁(おおい町)

土御門神道本庁

福井県大飯郡おおい町名田庄納田終129-9

☎0770-67-3210

参拝時間9:00~16:00
不定休のため相談の際は要予約。外の見学は自由

陰陽師安倍晴明の子孫が移り住んだ、現在のおおい町名田庄。 うっそうとした森に佇む土御門神道本庁は、陰陽道の主祭神である泰山府君や安倍晴明などが祀られています。 五芒星をかたどった提灯や垂れ幕、4色の鳥居が囲む祭壇「天壇」など、現代に受け継がれた陰陽道に触れられる神聖な空間です。 茅葺屋根の趣ある佇まいの本庁に足を踏み入れば、外界から隔絶されたような独特な雰囲気が漂います。

 

10. 八百比丘尼入定洞(小浜市)

八百比丘尼入定洞

福井県小浜市男山2

☎0770-52-1936(空印寺)

参拝時間9:00~17:00(洞窟は拝観自由)

小浜藩主酒井家の菩提寺で歴代の墓がある「空印寺」の入り口にある入定洞。 人魚の肉を食べて800歳まで生きたという「八百比丘尼伝説」が残る洞窟は、高さ1.5m、幅2m、奥行きは10m程度。 不老不死となった八百比丘尼は全国を行脚し、貧しい人を助け、椿の種をまいて花を咲かせた後に若狭へと戻り、自らこの洞穴に入り死を迎えたとされています。 そして今、この場所には当時を忍ぶ椿の花が咲き誇り、いつまでも若々しくいたいと願をかける女性や、健康長寿を願う人々のお参りする姿が見られます。