瑞林寺

美浜町

2014年公開の映画「サクラサク」の舞台となったお寺です。映画「サクラサク」は、シンガーソングライター・さだまさしさんの短編小説集「解夏」に収められた一編「サクラサク」が原作。この地は、さだまさしさんの実父が幼少のころ住んでいた思い出の場所であり、作中では象徴的なシーンで瑞林寺(作中では瑞泉寺)が登場します。

永享2年(1430)に天章光祐大和尚によって創建された古刹で、若狭三十三観音霊場の五番札所にあたります。美浜町早瀬集落の路地を抜け、緩やかな坂道を登るとお寺が現れます。参道となる石段の先には立派な楼門。その門を潜ると真正面に本堂が出迎えます。本尊は釈迦三尊で、本堂正面に祀られています。境内背後の嶽山の頂上には六角堂があり、堂内には寺宝「弥勒菩薩四面石仏」を収蔵。
毎年4月23日と10月23日の午前中にのみご開帳されます。

住所〒919-1124
福井県美浜町早瀬20-24
交通アクセス舞鶴若狭自動車道・若狭美浜ICから 車で約15分
お問い合わせ先0770-32-1038
おすすめモデルコース 要チェック!珠玉の若狭路めぐり
Pickup 今旬な若狭路のおすすめコンテンツをピックアップ!!
トップへ戻る