小さな秋、見つけた!コース

所要時間:日帰り
コース内容

敦賀I.C ⇒ 中池見湿地 ⇒ 昼食 ⇒ 旧敦賀港駅舎 ⇒ 人道の港 ムゼウム ⇒ 日本海さかな街 ⇒ 敦賀I.C

約3000種もの動植物が確認されている中池見湿地。 秋にはミズアオイやオオニガナ、サクラタデなど、小さく可憐な花々が湿地を美しく彩ります。湿地を散策しながら、小さな秋を満喫してみませんか?

START敦賀I.C
4分 (2km)
1中池見人と自然のふれあいの里

JR敦賀駅から、約2kmの市街地に隣接し、小川にはメダカやゲンゴロウ、夏には蛍が飛び交う、なつかしさの残る身近な自然の風景が体感できます。多様な環境に適応した動植物が、2,000種以上確認されており、トンボについては約70種以上が確認されています。

住所〒914-0005
福井県敦賀市樫曲79号奥堀切
営業時間
詳細情報をみる
2敦賀鉄道資料館(旧敦賀港駅舎 )

とんがり屋根が印象的な旧敦賀港駅舎。「欧亜国際連絡列車」の発着駅としてかつて重要な位置を占めていた敦賀港駅舎を1999年の「つるがきらめきみなと博21」開催時に再現したものです。敦賀は古くから大陸への玄関口として栄え、近代に入ると日本海側で最初に鉄道が走るなど、港と鉄道の街として発展してきました。時代背景を交えながら敦賀の鉄道に関する歴史を紹介し、鉄道資料や列車模型などを展示しています。

住所〒914-0079
福井県敦賀市港町1-25
営業時間
詳細情報をみる
徒歩
3人道の港 敦賀ムゼウム

1920年にシベリアで救出されたポーランド孤児、1940年にはナチスドイツの手から逃れたユダヤ人難民が、リトアニア・カウナスの領事代理杉原千畝が発給した「命のビザ」を握りしめ、敦賀港に上陸したことに関連して展示を行っています。ユダヤ人難民のコーナーでは、杉原千畝の生の声や難民が残していった時計、目撃した市民の貴重な証言、“命のビザ(複製)”などを展示しています。※「ムゼウム」はポーランド語で「資料館」を意味します。

住所〒914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町44-1
営業時間
詳細情報をみる
12分 (4.5km)
4日本海さかな街

敦賀港とその周辺でとれる新鮮な魚が買える「日本海さかな街」は、県内外から、連日多くのお客様が訪れています。

住所〒914-0125
敦賀市若葉町1‐1531
営業時間
詳細情報をみる
FINISH敦賀I.C
おすすめモデルコース 要チェック!珠玉の若狭路めぐり
Pickup 今旬な若狭路のおすすめコンテンツをピックアップ!!
トップへ戻る