小さな秋、見つけた!コース

所要時間:日帰り
コース内容

敦賀I.C ⇒ 中池見湿地 ⇒ 昼食 ⇒ 旧敦賀港駅舎 ⇒ 人道の港 ムゼウム ⇒ 日本海さかな街 ⇒ 敦賀I.C

約3000種もの動植物が確認されている中池見湿地。 秋にはミズアオイやオオニガナ、サクラタデなど、小さく可憐な花々が湿地を美しく彩ります。湿地を散策しながら、小さな秋を満喫してみませんか?

START敦賀I.C
4分 (2km)
1中池見湿地

小川にはメダカやゲンゴロウ、夏には蛍が飛び交う、なつかしさが残る身近な自然の風景を体感できます。多様な環境に適応した動植物が、約3,000種確認されており、トンボについては約70種が確認されています。ビジターセンターでは中池見湿地についての解説や生き物の展示も行っており、生き物観察用かご罠あげ体験もできます。また湿地を歩くための長靴の貸し出しもあります。

住所〒914-0005
福井県敦賀市樫曲79号奥堀切
営業時間
詳細情報をみる
2旧敦賀港駅舎

明治期、シベリア鉄道を経由してヨーロッパ諸国と結ばれていた欧亜国際連絡列車の発着駅である当時の金ヶ崎駅(旧敦賀港駅)を再現した建物で、鉄道の歴史や敦賀港の歴史などを紹介しています。敦賀は東京-横浜等と並び日本で最初に鉄道設計が計画され、日本海側で最初に鉄道が敷かれた街です。近くには明治〜昭和初期のにぎわいを今に伝えるレンガ造りのランプ小屋もあります。敦賀港駅を「欧亜国際連絡列車」が発着していた当時は、駅や汽車の光源には灯油を燃やすカンテラが使われていました。その燃料を保管していたのがランプ小屋です。

住所〒914-0079
福井県敦賀市港町1-25
営業時間
詳細情報をみる
徒歩
3人道の港 敦賀ムゼウム

日本で唯一ポーランド孤児やユダヤ難民が上陸した国際港である敦賀の歴史や当時の敦賀市民とユダヤ難民との様子を展示しています。リトアニア・カウナスの領事代理杉原千畝が発給した命のビザ(複製)なども展示しています。

住所〒914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町44-1
営業時間
詳細情報をみる
12分 (4.5km)
4日本海さかな街

敦賀港直送の魚介が並ぶ鮮魚店や水産加工、海鮮丼や焼き鯖、昆布などの特産品の店やレンストランなどが広い敷地にずらりと並んだ日本海側最大級の魚市場です。実演販売や試食もあり、日本海の旬の海の幸が揃う活気あふれる市場の雰囲気満点です。

住所〒914-0125
福井県敦賀市若葉町1‐1531
営業時間
詳細情報をみる
FINISH敦賀I.C
おすすめモデルコース 要チェック!珠玉の若狭路めぐり
Pickup 今旬な若狭路のおすすめコンテンツをピックアップ!!
トップへ戻る