紅葉の寺社めぐりコース

所要時間:1泊2日
コース内容

敦賀I.C ⇒ 金崎宮 ⇒ 昼食 ⇒ 西福寺 ⇒ 常宮神社 ⇒ 青蓮寺 ⇒ 宿泊 2日目: ⇒ 三方石観世音 ⇒ 諦應寺 ⇒ 昼食 ⇒ 萬徳寺 ⇒ 神宮寺 ⇒ 馬居寺 ⇒ 大飯高浜I.C

秋を迎えた若狭路で、紅葉が美しい寺社をめぐるコースです。東は敦賀市から、西は高浜町まで、各市町に点在するオススメの紅葉寺社スポットをご紹介します。カメラと三脚を用意して、秋のベストショットを撮影!

START敦賀I.C
6分 (2.5km)
1金崎宮

延元元年(1336)恒良、尊良両親王を守護した新田義貞が足利軍と戦った古戦場です。戦いは厳しさを極め、尊良親王ら300人は籠城から半年後、城に火を放ち自害しました。中腹の金崎宮には両親王が祀られています。戦国の世には朝倉・浅井軍と信長・秀吉・家康の戦いの場にもなりました。小高い山にあるため眺めも良く、桜の名所としても知られています。

住所〒914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町1-4
営業時間
詳細情報をみる
2西福寺

約650年前、良如上人が開いた浄土宗鎮西派の旧・中本山です。市街地の西、大原山麓にあり、御影堂・阿弥陀堂・書院などの主要建物が国の重要文化財に、書院庭園が国の名勝に指定されています。特に書院庭園は極楽浄土を表現したと言われ、秋の紅葉が美しい。また、書画・工芸品などの文化財も多数所有しています。

住所〒914-0824
福井県敦賀市原13-7
営業時間
詳細情報をみる
12分 (6.5km)
3常宮神社

ご祭神は、氣比神宮の仲哀天皇の妻・神功皇后で、「お産の常宮さん」としてあがめられています。毎年7月22日には、仲哀天皇のご祭神が船で海を渡る「総参祭」という全国的にも珍しい神事があり、国宝「朝鮮鐘」が安置されています。

住所〒914-0832
福井県敦賀市常宮13-11
営業時間
詳細情報をみる
21分 (16.5km)
4大イチョウ(青蓮寺)

若狭小浜藩初代藩主の京極高次が再整備した佐柿の青蓮寺にある高さ30m以上、幹の太さ3.8m以上の大イチョウの木。 江戸時代、若狭小浜藩二代藩主の酒井忠直公が植えたと伝えられ、町指定天然記念物にされている歴史のある木です。

住所〒919-1132
福井県三方郡美浜町佐柿26−5
営業時間
詳細情報をみる
【2日目】
5三方石観世音

三方駅のすぐそばに三方石観世音があります。石段を上がっていくと途中に石の鶏があるのは、一夜で観音像を彫っていた弘法大師が、夜明けを告げる鶏の声で、右手首から先を彫り残したと伝えられるため。手足の不自由な人にご利益があるとされ、参拝者がたえません。北陸三十三ヶ所の特別霊場でもあります。

住所〒919-1303
福井県若狭町三方22-1
営業時間
詳細情報をみる
25分 (12.5km)
6イチョウ(諦応寺)

禅寺城谷山諦応寺山門の近くに立つ樹齢約450年のイチョウ大木で、十一面観音立像が彫られています。秋にはイチョウの葉が紅葉し、木の周りが一面黄色に染まります。

住所〒919-1523
若狭町安賀里33-1
営業時間
詳細情報をみる
7萬徳寺

秋の山もみじの朱が、枯山水の庭園に見事に映え、訪れる人たちの目をなごませてくれます。春はつつじが見もので、四季を通じ自然があふれています。本尊・木造阿弥陀如来坐像(重文)や絹本著色弥勒菩薩図像は見応え十分。

住所〒917-0242
小浜市金屋74-23
営業時間
詳細情報をみる
5分 (1.3km)
8神宮寺

奈良・東大寺の二月堂への”お水送り”はこの神宮寺の神事として有名。神体山を借景に若狭随一の木造本堂(重文)が雄大な景観を見せてくれる。力強い木造金剛力士像を安置した仁王門(北門)は重要文化財。

住所〒917-0244
小浜市神宮寺30-4
営業時間
詳細情報をみる
45分 (23.5km)
9馬居寺(まごじ)

北陸三十三ヶ所観音霊場第2番の馬居寺は、聖徳太子が建立したと伝えられており、本尊の木造馬頭観音坐像は国指定重要文化財に指定されています。桜・紅葉、風情ある参道の景観も人気の寺です。

住所〒919-2207
福井県高浜町馬居寺3‐1
営業時間
詳細情報をみる
FINISH大飯高浜I.C
おすすめモデルコース 要チェック!珠玉の若狭路めぐり
Pickup 今旬な若狭路のおすすめコンテンツをピックアップ!!
トップへ戻る