若狭のみほとけ特別公開「多田寺の阿弥陀如来坐像」

小浜市

若狭歴史博物館では若狭地域の仏像を広く紹介するため、定期的に仏像の展示替えを行っています。今回は、多田寺(小浜市多田)に伝来した木造阿弥陀如来坐像(福井県指定文化財)を期間限定で公開します。
多田寺には、現在3躯の阿弥陀如来坐像が安置されていますが、本像はそのうちの1躯です。衣を偏袒右肩にまとい、来迎印(右腕を曲げて胸前で掌を正面に向け、左腕は脚の上において掌を上に向け、ともに第1指と第2指を捻じる)を結び、右脚を上にして結跏趺坐する姿をしています。頭頂の肉髻は高く、目じりはあがり、頬や身体は引き締まっていることから、平安時代後期から鎌倉時代前半(12世紀頃)の製作と考えられます。ヒノキの一木割矧造で、内刳りが施されており、古風な造りの仏像です。

阿弥陀如来坐像 1躯(平安時代)
多田寺蔵・福井県指定文化財

住所〒917-0241
小浜市遠敷2-104 福井県立若狭歴史博物館
開催日時2021年03月16日(火)09:00~2021年04月25日(日)17:00
開催時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
交通アクセス【鉄道・バス】
JR小浜線・東小浜駅から徒歩約10分
JR湖西線・近江今津駅からJRバス若江線で遠敷バス停下車、徒歩約15分

【自家用車】
舞鶴若狭自動車道・小浜ICから約5分
駐車場有り(60台)
会期中休館日3月22日(月)・4月12日(月)
観覧料常設展示料金で観覧可
(一般310円/高校生以下・70歳以上無料)
お問い合わせ先福井県立若狭歴史博物館 0770-56-0525
イベント詳細リンクURLhttps://wakahaku.pref.fukui.lg.jp/exhibition/detail/post-537.php
観光スポット 若狭路を観光するならここ!
アクセスランキング 観光スポットを探す
グルメ 若狭路で「食べる」なら
アクセスランキング グルメスポットを探す
おすすめモデルコース 要チェック!珠玉の若狭路めぐり
Pickup 今旬な若狭路のおすすめコンテンツをピックアップ!!
トップへ戻る