サバや小ダイなどを洋風味付けし開発したイタリアン缶シリーズ

 福井県小浜市広峰の水産加工販売会社「田村長」は、サバや小ダイ、サケの切り身をトマトソースやオイルなどに漬けた4種類のイタリアン缶詰を開発、販売している。

 既存のサバ缶などは、しょうゆベースの和風の味付けが中心。スパゲティなどの洋風料理に合い、若者が手にしやすい商品として開発した。サバ(ノルウェー産)は、切り身をオリーブオイル漬けにしたものと自家製のトマトソース煮にした2種類の味が楽しめる。サケ(チリ産)はニンニク入りのアクアパッツァ風に、小ダイ(地物)は三枚におろしチリペッパーでアクアパッツァ風に仕上げた。

 社長は「若い世代がプレゼント用にも使えるよう考案した。洋風料理に合いやすく、手にとってほしい」と話している。

 1缶160~175グラム入りで702~1620円。2~4缶入りの詰め合わせセットもある。同社本店や道の駅「若狭おばま」、ネットで販売している。問い合わせは同社本店=電話0770(52)0310。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)