嶺南のPR動画を撮影する同志社女子大の学生=12日、美浜町竹波の水晶浜海水浴場

 関西の学生に嶺南のPR動画を作ってもらう福井県嶺南振興局の事業で、同志社女子大の学生4人が12日、美浜町の水晶浜海水浴場を訪れた。約3分間の作品を制作予定で、海岸線に沈む夕日をカメラに収めていた。

 嶺南に近い関西圏の若者の視点を生かそうと同局が初めて企画。書類選考や審査会を通過した5グループが動画を作る。

 今回訪れたのは同志社女子大森ゼミC。女子大生を主人公に、美しい海やおいしい食を満喫する嶺南の暮らしぶりなどをアピールするという。11日から2日間、若狭小浜お魚センター(小浜市)や野鹿の滝(おおい町)など数カ所で撮影してきた。

 12日はエンディングで使う予定の夕日を、こま送りのように見える「タイムラプス」という方法で撮影した。

 5グループは来年2月に動画投稿サイト「ユーチューブ」で作品を公開、再生回数や高評価などを総合的に評価しグランプリを決める。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)