ハンモックに揺られながら波の音や夜空を楽しむ参加者=20日夜、敦賀市の気比の松原海水浴場

 波音を聞きながら、ハンモックに揺られて夜空を楽しむイベント「波音ハンモック」(福井新聞社後援)が20日夜、福井県敦賀市の気比の松原海水浴場周辺で開かれた。参加した約80人は癒やしのひとときを過ごした。

 北陸新幹線敦賀開業に向け地元の観光資源を生かそうと、敦賀商工会議所女性会が昨年に続き実施。ハンモック約20台を海沿いに設置し、午後4時から1回45分で4回行った。

 参加者はハンモックに寝そべりながら、時折、雲間からのぞく月や無数の星を満喫。砂浜一帯には発光ダイオード(LED)のランタンや三日月のオブジェが置かれ、ロマンチックな雰囲気が広がっていた。

 カップルで訪れた堀口晃生さん(32)=おおい町=は「コロナ禍でなかなか行けなかったが、やっぱり海はいい。疲れた心が癒やされた」と話していた。

 イベントでは地元演奏者らによるコンサートなども予定されていたが、新型コロナウイルス感染症予防のため中止となった。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)