買い物客でにぎわうマルシェ=11日、敦賀市本町1丁目商店街

 福井県敦賀市本町1丁目商店街が面する国道8号の歩行空間などで11日、「ほんいちマルシェ(仮称)」が初めて開かれた。食品やアクセサリーなど多彩な26ブースが開店し、買い物客でにぎわった。

 北陸新幹線敦賀開業を見据え、商店街を盛り上げようと始めた。午前10時から始まり、生花やドライフラワー、総菜、古着、手作りのクラフト作品のほか紅茶の試飲販売、カードセラピーなど幅広いブースが出そろい、家族連れらがじっくり品定めする姿がみられた。

 同市原の西福寺門前で取れた新米やおにぎり、野菜などを販売していた奥田恵子さん(66)は「予想を超える売れ行き。産地やマルシェをもっと知ってもらい、JR敦賀駅を降りた観光客にも足を運んでもらいたい」と話していた。

 マルシェは今後、毎月第2土曜に開催する予定。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)