優雅な舞が奉納された「御船遊管絃祭」=20日、敦賀市の金ケ崎緑地

 南北朝時代の船遊びを再現する敦賀市金崎宮の神事「御船遊管絃祭(おふなあそびかんげんさい)」が20日、敦賀港などで営まれた。立烏帽子(たてえぼし)や太刀で男装した「白拍子(しらびょうし)」と呼ばれる女性が、雅楽が奏でられる中、古式ゆかしく舞を奉納した。

 1336年、金ケ崎城に陣取った新田義貞が尊良(たかなが)親王と恒良(つねなが)親王を奉じて足利軍と戦った際、足利の兵がいったん引いた10月20日に両親王を慰めようと、敦賀湾に船を浮かべて紅葉と月をめでた故事に由来する。

 両親王のご神体を載せたみこしが金崎宮を出発。同港天満岸壁から、吹き流しなどで彩られた船で、恒良親王になぞらえた童子役の原田芳成ちゃん(4)=同市元町=らとともに敦賀湾を巡行した。神事が営まれ、芳成ちゃんが米やお神酒などを海へ投げ入れた。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)