• 平面に見える不思議なプラモデルの展示会=19日、敦賀市白銀町の敦賀駅前商店街アーケード
  • モノクロの漫画のワンシーンように見える孫悟空のプラモデル
平面に見える不思議なプラモデルの展示会=19日、敦賀市白銀町の敦賀駅前商店街アーケード

 敦賀市の敦賀駅前商店街は、アーケードの掲示板を、企画展示から個人の趣味の作品、学生の研究成果を発表する場とする取り組みを始めた。第1弾は、巧みな塗装技術で立体物が平面に見える不思議なプラモデルの作品展。担当者は「観光で訪れる人や、通勤通学、散歩の市民など商店街を歩く人に楽しんでもらえれば」と話している。

 同商店街振興組合では、2024年春の北陸新幹線敦賀開業に向けたにぎわい創出の一環として、アーケードにある掲示板の有効活用を模索してきた。第1弾の「プラモデルが漫画の世界のように見える展」では、北海道在住のユーチューバー、今日さんの作品9点を紹介。延長約300メートルの通りの両脇8カ所に展示している。8月16日まで。

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデルは、彩色や斜線でつけた陰影でまるでイラストのよう。「ドラゴンボール」の孫悟空は、モノクロの塗装と、背景や吹き出しで漫画のワンシーンに見える。今日さんは「プラモデルを知らない人でも、模型でありながら絵のようにも見えるだまし絵的な感覚を楽しんでほしい」と話している。運営する「今日の模型ちゃんねる」で、展示作品を含めたイラスト風の模型を制作する動画などを公開している。

 企画展示を立案した同商店街振興組合理事の松嵜努さんは「駅前商店街だけでなく、敦賀が盛り上がっていく一助になれば」としている。

 高校や大学の研究成果、個人の趣味の発表、企業の告知などで掲示板利用の希望を受け付ける。問い合わせは敦賀駅前商店街振興組合事務局=電話0770(25)2496(月、火、木、金曜の午前10時半~午後3時)。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)