道の駅「若狭おばま」10周年を記念するロゴをあしらったポスター=8日、小浜市和久里の同駅

 福井県小浜市和久里の道の駅「若狭おばま」がオープン10周年を迎え、買い物客全員に割引クーポンを配り、抽選でプレゼントがもらえる企画をスタートさせた。それに合わせロゴマークが完成した。

 道の駅は2011年3月12日にオープン。年間52万人が訪れる市内有数の観光施設となっている。運営する市の第三セクター、まちづくり小浜が「また来てねクーポン配布&プレゼント企画」を始め、ロゴマークとコンセプトを作った。

 買い物客全員に、千円以上の買い物をしたときに使える100円引きクーポンを本年度いっぱい配る。5千円以上買い物をすると、市内の町家をリフォームした1棟貸しの古民家ホテルのペア宿泊券か、5千円相当の商品の詰め合わせが当たる抽選に応募できる。3千円以上なら、3千円相当の詰め合わせが当たる。3カ月ごとに年4回抽選する。

 新コンセプトは「水でつながる小浜の海・里・まち・食・文化」。ロゴマークは、水を表す青い線が一筆書きで網の目のようにつながっており、コンセプトを象徴している。

 企画の問い合わせは同駅=電話0770(56)3000。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)