• 水田から飛び立つコハクチョウの群れ=21日、若狭町向笠
  • 空を舞うコハクチョウの群れ
  • 群れでえさを探すコハクチョウ
  • 群れでえさを探すコハクチョウ
  • 若狭町に集まったコハクチョウ
  • 田んぼから飛び立つコハクチョウの群れ=21日、若狭町向笠
水田から飛び立つコハクチョウの群れ=21日、若狭町向笠

 〝冬の使者〟コハクチョウが福井県若狭町の三方湖周辺に100羽近く飛来している。例年は20羽ほどだが、今年は嶺北以北の田んぼが雪で埋まり、餌場を求めて南下したとみられる。21日は同町向笠の田んぼで餌をついばむ群れの姿が見られた。

 日本野鳥の会福井県の小嶋明男副代表(65)によると、今月中旬に嶺北で大雪となって以降、比較的雪が少なかった三方湖周辺で急激に個体数が増えたという。11日は25~30羽だったが、20日に89羽、21日には100羽近く確認した。個体の入れ替わりも多く、小嶋副代表は「雪の影響で餌場を求めて来たのだろう。これまで見た中で一番多い」と話している。

 遠くから見守っていたパート職員、大南芳子さん(66)=同町藤井=は「とてもかわいい。これだけ集まっているのはすごい」と写真を撮っていた。

 例年2月末ごろまで見られる。同会は、観察する際には近づきすぎないよう注意を求めている。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)