• 高浜町沖合で取れた全長2.7メートルのクロマグロ=5日、小浜市川崎3丁目の小浜漁港
  • 高浜町沖合で取れた全長2.7メートルのクロマグロ=5日、小浜市川崎3丁目の...
  • 高浜町沖合で取れた全長2.7メートルのクロマグロ=5日、小浜市川崎3丁目の...
  • 高浜町沖合で水揚げされた超大物のクロマグロ。目玉は直径6センチもあった=5日、小浜市川崎3丁目の小浜漁港
  • 高浜町沖合で取れた巨大なクロマグロ。搬送用の容器に入れるのも一苦労=5日、小浜市川崎3丁目の小浜漁港
  • 高浜町沖合で取れた全長2.7メートルのクロマグロ=5日、小浜市川崎3丁目の小浜漁港
高浜町沖合で取れた全長2.7メートルのクロマグロ=5日、小浜市川崎3丁目の小浜漁港

 福井県小浜市川崎3丁目の小浜漁港で5日、高浜町沖合の若狭湾で取れた重さ365キロ、全長2・7メートルの巨大なクロマグロが水揚げされた。県漁連小浜支所の加藤祐二支所長(56)は「普通は100キロ超えで大物やから、こいつは超大物」と巨体に目を丸くしていた。

 同町音海の東約1キロ沖合の定置網に入った。同町の漁師らによると、大きなクロマグロがよく取れるのは6月ごろ。冬はせいぜい30キロ程度という。

 今回水揚げされたクロマグロは体高約70センチ、幅約60センチ。腹の肉の厚さは10センチ以上と丸々と太っており、目玉は直径6センチもあった。加藤支所長は「これだけの大物が取れるのはなかなかない」とほくほく顔。搬送用の容器に入れるのに一苦労していた。

 漁師らは「マグロで有名な青森県で取れるサイズ。水温が暖かいから餌が豊富で、北上せず若狭湾を回遊していたのだろうか」と話していた。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)