はつらつとした音色を響かせた小浜中芸術部バイオリンコースの5人=12日、小浜市のまちの駅広場

 福井県ゆかりのアーティストらが、県内17市町の観光地や公共施設で演奏を繰り広げるイベント「ふくいミュージックリレー」が12日、小浜市のまちの駅広場で開かれた。約40人の市民が訪れ、ゆったりと楽器の音色を楽しんだ。

 まちなかで気軽に芸術に触れてもらおうと県が企画。5日、越前市を皮切りにスタートした。

 ピアノの矢賀部光夏多さん(粟野南小6年)と鷲山幸希さん(藤島校2年)、フルートの三屋風さん(31)=勝山市=が出演。トルコ行進曲やアメイジング・グレイス、G線上のアリアなど約15曲を奏でた。

 地域推薦アーティストとして、小浜中芸術部バイオリンコースの5人も、息の合った力強い演奏を披露した。平野嵯和子副部長(2年)は「緊張したけど、先生に本番が一番良かったと褒められてうれしかった」と笑顔を見せた。

 音楽を聴くのが好きだという垣本恵美子さん(68)=同市堅海=は「それぞれの楽器の音色がとても美しく、演奏者の努力や才能を感じられた」と話していた。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)