県内屈指の入り込み客数を誇る若狭和田海水浴場=2019年7月26日、高浜町和田

 福井県大飯郡高浜町や若狭高浜観光協会などは5日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、町内の海水浴場全8カ所の今夏開設を断念すると発表した。町内の海水浴場は京阪神の家族連れらに人気で、県内トップクラスの入り込み客数を誇る若狭和田海水浴場もあり、地元経済に大きな打撃となる。野瀬豊町長は支援策を検討する考えを示している。

 町、協会、各海水浴場の開設者ら約30人が4日夜、町役場で協議。海水浴客に加え、水難事故の監視、救助に当たる管理者側にも感染リスクがあり、安全体制を整えられないとして開設中止を決めた。若狭和田海水浴場は、優れたビーチに与えられる国際認証「ブルーフラッグ」を今年4月、5年連続で取得。昨年は美浜町の水晶浜海水浴場を3千人上回る約13万5千人が訪れ、県外客が9割を占めた。

 野瀬町長は3日の定例会見で各海水浴場には京阪神を中心に多くの人が訪れ、新型コロナ対応で「事業者を含め町民に不安がある」と言及。海水浴場を開かない場合、浜茶屋、宿泊業者の経営を直撃するため「ある程度の支援策を用意しないと」と話した。

 県内では、水晶浜を含む美浜町の五つの海水浴場が今夏、海開きしないことが2日に明らかになっている。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)