• 緻密に細部まで表現された力作が並ぶ消しゴムはんこ展=高浜町宮崎の高浜まちづくりネットワーク
  • キリンや招き猫、赤ふん坊やなど多彩なデザインの消しゴムはんこ
緻密に細部まで表現された力作が並ぶ消しゴムはんこ展=高浜町宮崎の高浜まちづくりネットワーク

 消しゴムに絵柄を彫って作る「消しゴムはんこ」の愛好家、上尾真理さん(50)=福井県大飯郡高浜町塩土=の初作品展が、同町宮崎の高浜まちづくりネットワークで開かれている。バイクや仏像、オウムなど、多種多様な絵柄が、驚くほど細かく丹念に彫り込まれている。奥深い世界に来場者たちが見入っている。30日まで。

 上尾さんは2年前、消しゴムはんこの通信講座を知り始めてみたところ、「彫るのも押すのも楽しい」ととりこになった。基礎講座を修了し、新たに消しゴムはんこアドバイザーの認定も受けた。

 知人に依頼されて作ったオートバイの作品は、完成まで約3カ月掛かった労作。はがきサイズのゴム板を丁寧に彫り、「Kawasaki」のロゴや車名、ホイールの小さな穴、車体のビスまで表現した。ほかにも地元の青葉山やハマナスが描かれた高浜町のマンホール、かわいらしい七福神や仏像、疫病よけの御利益があるとされる妖怪「アマビエ」など、色彩豊かな計約60点を展示している。

 上尾さんは「家にある道具で簡単に作れて、想像以上にいろんなものを表現できる。ぜひ挑戦してみてほしい」と話す。要望があれば展示期間中の教室開催も検討している。問い合わせは同ネットワーク=電話0770(72)2740。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。記事に関するお問い合わせは福井新聞社へ。)