駐車場として試行開放された神楽広場=25日、敦賀市神楽町1丁目

 福井県敦賀市の気比神宮近くに市が整備した門前町多目的広場(愛称・神楽広場)で25日、無料駐車場として試行開放が始まった。4月1日から本格的に供用を開始し、イベント開催や移動販売車、屋台の出店で、周辺商店街の活性化とにぎわいづくりにつなげる。

 575平方メートルの店舗跡地に17台分の駐車スペースと給排水、電源設備、掲示板を整備した。総事業費は約6500万円。愛称の神楽広場は、地元商店主らでつくる「気比さん参道活(い)き活き会議」が発案した。

 イベントや出店の使用は原則有料で、趣旨や目的に応じて使用料を減免する。イベントなどがない場合は周辺商店街、施設の利用者向け無料駐車場(午前9時~午後7時)として利用できる。

 地元の神楽町1丁目商店街振興組合の谷口正宏理事長(60)は「イベントを定期的に開き、気比神宮につながる商店街として知ってもらいたい。人通りが増えれば店のレベルアップや空き店舗対策も進めやすくなる」と期待した。

 神楽広場の問い合わせは市商工貿易振興課=電話0770(22)8122。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)