ランチしながら移住後の悩みを話し合う女性たち=21日、小浜市のアイザワ商店

 福井県小浜市主催の「移住者&移住希望者交流会」が21日、同市加茂のカフェレストラン「アイザワ商店」で開かれた。結婚や仕事で県内外から同市や若狭町に移住した女性たちが、ランチを楽しみながら悩みを共有した。

 奈良、滋賀、静岡、石川などの出身者8人が参加。市民グループ「KISUMO小浜」、移住者グループ「福井に住む県外出身女子チームZUK(ズック)」の女性らがコーディネーターを務めた。

 兵庫県出身の女性は「同じ世代の人と知り合うことが少なく、友達ができにくい」と打ち明けた。ほかの女性も「ママ友はいるが、(趣味など)自分に合う人はまだいない」と続いた。別の女性は仕事を始め、語学サークルに加入して「自然に仲良くなった人が増えていった」。それぞれの悩みに対して、参加者が次々と体験談を披露し合った。

 言葉での苦労は感じていないが「洋服など買い物が困る」という声もあった。

 コーディネーターは「仲間づくりに困っているなら、自分で行動しないと」と助言した。「今度お茶摘みに行くけど、皆さん一緒にいきませんか」などと提案。終始笑い声が響き、和やかな雰囲気だった。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)