• 3月2日限定で授与される御朱印と護符=25日、小浜市の若狭神宮寺
  • 3月2日限定で授与される御朱印=25日、小浜市の若狭神宮寺
3月2日限定で授与される御朱印と護符=25日、小浜市の若狭神宮寺

 3月2日に行われる小浜市の伝統行事「お水送り」に合わせ、法要などの会場となる同市神宮寺の若狭神宮寺が、当日限定の御朱印と厄よけの護符「午王宝印(ごおうほういん)」のセット2種類を各1500円で授与する。

 昨年は平成最後の企画として、同日限定100セットを授与。今年は縦18センチ、横47・5センチで、御朱印帳にそのまま張り付けられるように昨年より小さくし、4枚つづりにした。

 一つは「瑠璃光千手殿(るりこうせんじゅでん)」と書かれ、過去を救済。もう一つの「小丹生(おにゅう)明神」は未来の御利益があるという。当日午前10時から寺務所で授与する。

 護摩木(500円)は同寺務所と、同市遠敷の「ふるさと茶屋 清右ヱ門」で扱っている。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)