• 大玉の数珠が巡ってきて額を寄せる女の子=18日、小浜市西小川の常福寺観音堂
  • 大玉の数珠が巡ってきて喜ぶ子どもたち=18日、小浜市西小川の常福寺観音堂
  • 一生懸命数珠を手繰る子どもたち=18日、小浜市西小川の常福寺
  • 大玉の数珠に額を寄せる女の子=18日、小浜市西小川の常福寺
  • かねをたたきながら、石を使って数珠繰りの回数を数える男性=18日、小浜市西小川の常福寺
  • 数珠繰りの傍らで経を読む僧侶=18日、小浜市西小川の常福寺
  • 「享保三」の文字が刻まれた大玉
大玉の数珠が巡ってきて額を寄せる女の子=18日、小浜市西小川の常福寺観音堂

 長い数珠を手繰り無病息災を願う伝統行事「数珠繰り」が18日、福井県小浜市西小川の常福寺の観音堂であった。お堂の中央にある菩薩(ぼさつ)像を囲むように、住民約40人が数珠を持って輪になり、1時間以上かけて一心に100周回した。

 年初の観世音菩薩の縁日である「初観音」(1月18日)に毎年行われている。数百年前から続くとされ、享保3(1718)年と刻まれた数珠玉もある。長さは20メートル以上で約2千個の玉がある。そのうち直径7センチの大玉、同4センチの中玉が1個ずつあり、手元に回ってくると、額に近づけるのが習わしとなっている。

 十一面観世音菩薩像に向かって僧侶が経を読む中、住民らが一生懸命に数珠を受け回した。思ったよりも速さがあり、大玉や中玉が手元を通り過ぎてしまうこともあり、子どもたちは「次の周回こそ」と待ち構えていた。

 西小川出身の北村公子さん(75)と孫の春樹さん(13)は「今年1年の健康を祈った」。数年ぶりに参加した庄司吏杏さん(11)は「家族みんなが病気にならないといい」とにっこり。氏子総代の北村宗一さん(78)は「息災を願う住民の思いがあり途絶えることなく続いている行事。これからも守っていきたい」と話していた。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)