出初め式で、はしご乗りを披露するつるが鳶の隊員=13日、敦賀市きらめきみなと館

 敦賀消防団の出初め式が13日、福井県敦賀市きらめきみなと館などであり、消防鳶(とび)隊「つるが鳶」が華麗なはしご乗りを披露し、市民らに防火を呼び掛けた。

 法被姿の隊員約50人が、3隊に分かれて演技した。8人の乗り手が交代しながら、高さ約6メートルのはしごの上で腕や足だけで体を支えたり、体を回転させたりして、15種類ほどの技を繰り広げた。「うぐいすの谷渡り」や「ねずみ返し」といった大技が決まると、大きな拍手が送られた。

 家族4人で訪れた南越前町の会社員桂川哲也さん(35)は「子どもに見せたいと思い初めて来た。思った以上にすごくて感動した」と話した。つるが鳶の山本宗治隊長(52)は「無事に演技を終えられてほっとした。高齢化が消防団共通の課題なので、演技を通して子どもたちに興味を持ってもらいたい」と語った。

 出初め式には団員、敦賀美方消防組合の職員計約200人が参加し、笙の川での一斉放水や、消防車両16台が加わった行進なども行った。

 組合管理者の渕上隆信敦賀市長は「豪雨や台風が発生し各地で大きな被害が出ている。消防団に寄せられる市民の期待は高まっており、安全で安心なまちづくりのために一層の精進をお願いする」と訓示した。

(※福井新聞社提供。無断転載を禁止します。)